恐怖がもたらす弊害

夏至の前日だった昨日
私は何ヶ月かぶりに
自律神経系の体調不良に
見舞われました(>_<)

児童クラブで
私が死ぬほど嫌いなある生き物を
子供が教室に持ってきたのが
原因なのですが・・・

大好きな児童クラブの仕事だったのに
恐怖の方が上回ってしまい
仕事が手に付かず
全身から血の気が引き
吐き気と立ち眩みで

その場から逃げ出したいのを
必死で堪えながら
地獄のような時間を過ごしました

「もうこの仕事をやっていけないかもしれない」
と弱気な気持ちも出て来て
私の子育て支援への志は
こんなに簡単に折れてしまうものなのか?
と情けなくなりました*1

帰宅してからも吐き気は止まず
アロマとヒーリングミュージックで
気持ちを落ち着かせながら
早々に就寝しました

今朝、目覚めて・・・

恐怖は
全ての思考や行動を
ストップさせることに
気が付きました

そして恐怖は放っておくと
どんどん膨らんでいくことも
体感しました

変容を望んで今日まで来たけれど
私の中に未だ
変わっていくことへの恐れが
あったのかもしれません💦

ホメオスタシス(恒常性)

この恐怖がもたらす弊害を
教えてくれた出来事だったのかな?と
感じています☆

今日から気持ちを一新して
「なりたい私になれる」ように
一生懸命生きていきます✨

*1:T_T