悲しい気持ちはなかったことに・・・しない

自分の想いが伝わらない時
相手から蔑ろにされた時

とっても悲しい気持ちになります(>_<)
それが大切に想っている人だったら尚更

一生懸命伝えているのに
ちゃんと聞いてもらえなかったり
約束を軽んじられる
などがあると

今までは
悲しい気持ちに蓋をして
しばらく相手に合わせ
いつか私の想いに
気付いてくれることを
願いながら待っていました

でもその悲しみは
消化出来ず
どんどん増殖していき
最後は相手に対する不信感や嫌悪感に
変わってしまうんです(>_<)

私が幼少の頃
父親に愛情を求めては拒絶され、
また求めては拒絶され・・・
を繰り返すうちに
愛情➡悲しみ➡怒り➡憎しみ
へと変化していったように

本当は大好きなのに
憎しみを持ってしまう

私がちゃんと悲しみと
向き合わなかったことで
大切な人が
嫌いな人に変わってしまった

相手の問題だけではなく
私が「蔑ろにしても良い人」として
認識されるような付き合い方を
してきたのかもしれない・・・

自分自身を蔑ろにしていると
他人からも
同じように扱われてしまうのかもしれない
と感じました

生まれた悲しみは
無かったことにしないで
毎回ちゃんと感じてあげる

自分自身を尊重し大切にしてあげる

自分との約束は守るようにする
(絶対に出来る簡単なことを
約束し必ず守るようにする)

小さなことですが、
自分を大切にしていると
少しずつ
客観的に捉えることが
出来るようになり
必要以上に傷付かなくなりました

今の私は

心がモヤモヤとし始めたら
アロマオイルを使って
自分自身と対話し
引きずらないようにしています☆